仕事/人生

DaiGo書籍「自分を操る超集中力」を読んだら生活リズム変わりました

メンタリストDaiGoさんの書籍「自分を操る超集中力」の評判が高そうだったので自分でも読んでみました。

 

「睡眠が大事」とか当然のことも書かれてるんですが、もちろんそれだけで終わることもなく実行したくなる言い回しや内容も盛りだくさんです。

 

作業に集中できなかったり仕事がうまくいってない方は一度目を通して見るべきかなと思います。

 

こんなことが学べる

■なぜ集中力が続かないのか

■集中力の鍛え方

■生活リズムの大切さ



 

「自分を操る超集中力」のもくじ

 

第1章 集中力を自在に操る3つのルール
集中力の高い人は、鍛え方を知っている

 

第2章 高い集中力を生み出す7つのエンジン
トップスピードで「すぐ没頭できる」自分に変わる

 

第3章 疲れをリセットする3つの回復法
疲れを感じてる方は、ここから読んでください

 

第4章 集中力を自動でつくりだす5つの時間術
いつもの仕事の時間を変えるだけで、パフォーマンスは上がっていく

 

 

この「自分を操る超集中力」に何回も出てくる「ウィルパワー」という単語。

 

このウィルパワーに関する知識を知れるだけで十分に価値はあるかと思いますのでまずは「ウィルパワー」の存在を知りましょう。

 

 

「ウィルパワー」とは?

集中力の源は、脳の中にある「ウィルパワー」なんです。

 

「ウィルパワー」は決して無限じゃなく、ゲームの体力のように少しずつ減っていきます。

 

ウィルパワーは集中している時のみ減るわけじゃなく、何か行動をすれば少しずつウィルパワーは減っていきます。

 

何かをやる

勉強中、集中できないことに気付いて頬をパンパンと叩いた

 

何かをやらない

ダイエット中だからデザートを我慢した

 

何かを望む

セミナーに出て自分が三年後にやりたいことを想像してみた

 

こういった何気ない行動でも知らないうちにウィルパワーは減っていくんです。

 

ウィルパワーは鍛えられる

ウィルパワーの感覚としては「筋肉を使った単純作業」に似ていて、使えば使うほど徐々に疲労が溜まっていき限界を迎えると考える気力がなくなってしまいます。

 

ウィルパワーに関する知識を知っておけば集中力を鍛える方法や普段の無駄な消費を減らすことができます。

 

集中力の高い人は決して生まれつきじゃなく、鍛え方やウィルパワーの節約方法を身につけているんです。

 

ウィルパワーの出どころは1つしかない

①仕事をする

②夜中にラーメンが食べたくなったけど我慢する

 

は全く異なったエネルギーを使っていると勘違いしがちですが、「ウィルパワー」の出どころは1つなのでどちらも「ウィルパワーを消費している」という意味では同じなんです。

 

「恋人とうまくいっていないから仕事に集中できない」
「仕事がうまくいってないから、ダイエットが続かない」

 

これも、悩みにウィルパワーを使ってしまい脳が休息を必要とする状態になってしまうため、仕事に使えるウィルパワーが残っていない状態になるから集中できないんです。

 

ウィルパワーを回避するのは「習慣化」

電車や車で知らない場所に行く時と、毎日通っている場所に行くのとでは「脳の使い方」が明らかに違いますよね。

 

知らないところに辿り着く乗って結構エネルギー使ってると思います。

 

それがウィルパワーの消費なんです。

 

「当たり前の行動」にすることで習慣化してウィルパワーを節約できるんです。

 

集中力を高めるにはウィルパワーを「増やす」「節約する」しかありません。

 

その方法を書籍では細かく書いてくれているんです。

 

 

疲れを感じてる方は第3章から読むべき

 

第3章では、疲れをリセットする3つの回復法を紹介してくれています。

 

著者がもくじにも書いてくれてますので、「まずは疲れを取りたい」という方は第3章から読み始めてください。

 

3つの回復法

・睡眠

・感覚から癒やす

・不安を書き出す

 

これら3つを意識するコトで疲れをリセットするコトができます。

 

いくら寝ても疲れが取れない方や、睡眠時間が取れなくて疲労が溜まる一方という方々はぜひ一度読んでみてください。

 

ボク自身もけっこう睡眠に関しては雑だったので意識していく気になりましたし、仕事の休憩時間にちょっとした睡眠や、「休憩後の5分は特に集中してみる」という脳になりました。

 

この「休憩後の5分は特に集中してみる」コトで得られる効果も書籍に書いてありますのでぜひ実行してみてくださいね。

 

成功者ほどよく寝ている

アメリカの研究で、社会的に成功している人ほど多く眠っている、というコトがわかってます。

 

その平均時間は8時間です。
(一般の平均は6時間)

 

そしてその多くの人たちが、「夜よりも朝早くに起きて行動する」コトを徹底しているんです。

 

寝る間も惜しんで勉強しているイメージの「東大に合格した受験生」も実は平均7時間ほど睡眠時間をとっているコトがわかっています。

 

「成功者ほどよく眠っている」という事実が明確なんです。

 

睡眠の大切さ

多くの人が夜遅くまで起きてウィルパワーをほぼ消費した状態で作業していますが、しっかり睡眠をとってウィルパワーが回復した状態の朝から作業したほうが何倍も仕事の成果につながりやすいんです。

 

もしいま仕事がうまくいってない方などは夜早めに寝て、朝早くに起きて生活リズムを変えてみてはどうでしょうか。

 

朝早くに起きて「脳を活性化させる方法」なども書籍に書いてくれてますのでぜひ参考にしてみてください。

 

 

「自分を操る超集中力」の口コミ、評判

 

良い意見
Amazonユーザー
Amazonユーザー

タイトルからして、本の「読み方」について書いてある本だと思っていましたが、実際には「習慣化」についての記載が多く含まれています。

本を読む際の姿勢や、環境を変えることで、ムダな行動を避け、必然的に集中力をあげることができるといった旨の内容が含まれています。

この本を読んだ後に、何冊かほかの本を読んでみましたが、普段は4時間くらいかかるところ、2時間近くで読み終えることができました。

読む早さもですが、読み終わったあとに内容をしっかり記憶できるようになっていたので、効果を感じることが出来ました。

Amazonのコメントを引用

Amazonユーザー
Amazonユーザー

この本を買って4か月くらいですが、いまだに朝この本を読むことが多いです。

だいごさんの本は結構わかりやすく、専門的な知識をあまりかかないですが、この本は専門的な知識を多く含み、良書と断言できます。

集中力を脳科学、心理学の観点から、わかりやすく、そして、むりのない方法を数多く載せており、素晴らしいです。

少しネタバレになりますが、朝にやること7つ。朝飯のおすすめ食品。運動に適した時間。瞑想、睡眠、運動のすばらしさを書いているところは、脳外科医が書かれている内容と一緒ですが、この本のほうが分かりやすい。

あと、集中に適した色、姿勢、部屋もよかったですし、最新のアプリや、IOTなどで生活をよりよくする方法も、今の僕の生活に不可欠なモノになりました。

Amazonのコメントを引用

Amazonユーザー
Amazonユーザー

めちゃくちゃ良いです。DAIGOさんの本の中で1番良いと思います。すぐにでもできそうな実践を、科学的根拠や具体的エピソードを交えながら分かりやすく説明してくれています。とにかく読みやすいです。

集中力を得るための実践が数多く書かれていますが、どれも説得力があり有益な情報ばかりなので、この1冊でかなり生活の質が向上すると思います。

またやはりメンタリストというだけあって、DAIGOさんの書き方も上手で、何故かやる気がふつふつと込み上げてきます。

実際この本を読んでから幾つか実行していく中で、生活が変わってきているのを実感しています。学生や社会人全ての方におすすめできる1冊です。

Amazonのコメントを引用

 

悪い意見
Amazonユーザー
Amazonユーザー

DAIGOさんが、好きなので興味を持ち購入しましたが、矛盾な点がありました。
DAIGOさんはYouTubeもしていて、YouTubeの「集中力上がる食べ方」というタイトルで言われていたのですが、「朝食はとらないほうが良いよ。朝食をとることで~~だから朝食はとらないい方がいい!科学的根拠のないことは言うもんじゃないよw」と言われていました。

しかし、この本では朝食後の30分が一番集中力のあるいわゆるゴールデンタイムだと書かれています。
そういった矛盾があるので、信用できないです。購入する方はそういった点を踏まえて購入すべきだと思います。

Amazonのコメントを引用

Amazonユーザー
Amazonユーザー

似たような内容の「机に向かってすぐに集中する技術」の方が圧倒的に実践的でした。
実績が豊富な著者だから説得力が高かったです。
こちらの本は有名人が書いた、まあ、彼のビジネス活動の一環としての本だと思います。

Amazonのコメントを引用

 

まとめ:DaiGo著「自分を操る超集中力」を読めば生活リズムを変えたくなる

まとめ

①集中力がないのはウィルパワーが減るから

②習慣化することでウィルパワーを節約

③生活リズムを変えれば成果も変わる

 

この書籍を読んでからボクは寝る時間と起きる時間を1時間ずつ早めてみました。

 

朝食を食べてから30分間はインプットの時間(読書)にしてます。

 

この書籍には簡単に実践できる行動術をたくさん書いてくれてるので、皆さんもぜひできる部分から挑戦してみてください!

 

 

また、DaiGoさんの書籍でこちらもかなりおすすめなのでぜひ読んでみてください。

ブログを書く人におすすめすぎる本「人を操る禁断の文章術」【書評】ブロガーさんの間で、メンタリストDaiGoさんの「人を操る禁断の文章術」が好評そうだったので実際に買ってみましたが、かなり参考になる部分...

 

今回の記事が少しでも役に立てば記事をシェアしてもらえれば嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加

よければこちらもポチッと押して頂ければありがたいです^^

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



ABOUT ME
kkhonn
エンタメ情報や副業など有益な情報を発信中
RELATED POST