副業/スキル

ブログ初心者が最初に知っておかないと後悔する3つの事【経験談】

前回の記事では、ブログを始めるためのおすすめプランを紹介しました。

 

今回は、ブログ始めたての初心者は「絶対に知っておくべきコト」を3つ紹介していきます。

 

ボクはブログ始めたての頃、あまり知識を入れずにノリと感覚だけで記事を書き続けてしまったおかげで勉強を始めた後に「全部の過去記事を修正」というとんでもなく面倒くさい目に合いました。

 

定期的な修正はもちろん必要ですが、これに関してはただの知識不足による手間だったので皆さんはぜひ無駄な修正に時間を奪われないためにも知っておいてください。

 

ココ
ココ
それはありがたいね
メガネくん
メガネくん
ボクも最初は失敗ばっかりだったよ

 

ブログをすでに書いてる方や中級者は必ず知っている内容だと思いますので今回の記事はスルーしてもらっても大丈夫です。



 

ブログ初心者が絶対に知るべき3つのコト
(中級者はスルーしてください)

ココ
ココ
ブログを書き始めるときに気をつけるコトってあるのかな?
メガネくん
メガネくん
最初の10〜30記事くらいはガムシャラに書いて、まずは記事を書くクセをつけるコトが大事なんだ

ココ
ココ
え、じゃあ本当に好きなコト書いてしまって良いの?
メガネくん
メガネくん
最初から良い記事を書くなんて不可能だからね。ただ、知っておくべきコトは3つあるよ

ココ
ココ
3つもあるの?
メガネくん
メガネくん
うん、その前にトトは「SEO」って聞いたコトある?

ココ
ココ
「SEO?聞いたコトないなー
メガネくん
メガネくん
ブログをするなら「SEO」は避けて通れないんだ

 

SEOとは?
検索エンジン最適化について

SEO検索エンジン最適化を意味します。

 

簡単に言ってしまえば、ネット上の検索で自分のブログや記事をより多くの人に見てもらうためにサイトを上位表示させる対策を「SEO対策」と言います。

 

ココ
ココ
上位表示されないと見てもらえないの?
メガネくん
メガネくん
ココはネットで調べ物とかする?

ココ
ココ
もちろん
メガネくん
メガネくん
例えばグーグルで検索したときに、一番上から記事を見るでしょ?

ココ
ココ
そうだね、上から順に見て気になるタイトルがあればクリックして記事を読むかな
メガネくん
メガネくん
まさにそれ。SEO対策して上位表示されると検索結果で上のほうにでるから見つけてもらいやすいんだ

 

ブログを運営する上でSEO対策は必須なんですが一気に勉強して全部を活かすコトは不可能です。

 

他の人のブログや本を読んで勉強しながら少しずつ改善していくのが優秀なやり方かなと思います。

 

今回はまず最初に覚えるべき「大事な3つのコト」だけ覚えてほしいです。

①「キーワード選定」

②「見出しタグ」

③「読み手の悩みを解決」

 

①「キーワード選定」とは?
読者に見つけてもらうには

まず覚えてほしい1つめが「キーワード選定」です。

 

メガネくん
メガネくん
例えば今からブログを始めようとする場合、ネットで「なに」と検索する?

ココ
ココ
ブログを始めるか、なら「ブログ 開設」とか「ブログ 始め方」とか?
メガネくん
メガネくん
そう、それが「キーワード」。読者が検索するキーワードを選定してそのキーワードに見合った記事を書いていくんだ

ココ
ココ
そうゆうコトか、じゃあボクは大好きなマンガをおすすめしようとしてたから「漫画 おすすめ」とかでいいのかな?
メガネくん
メガネくん
それでも良いんだけど、安易にキーワードをつけてしまうとライバルが多いキーワードを選んでしまってなかなか上位表示されなかったりするよ

ココ
ココ
あーそうか、、ライバルが多いとかは調べれるの?
メガネくん
メガネくん
もちろん、無料でおすすめツールがあるよ

 

読者が検索するキーワードを選定して、そのキーワードに見合った記事を書いていきます。

 

ここで難しいのが、安易にキーワードをつけてしまうとライバルが多いキーワードを選んでしまってなかなか上位表示されなかずに全くアクセスが集めれなかったりします。

 

そこで、どれくらいの人数が検索しているのかを調べられる無料ツールがあるのでそちらを活用しましょう。

 

キーワードプランナー

グーグル広告が提供するツール「キーワードプランナー」アカウント登録すれば一部制限がありますが無料で利用可能です。

 

画像の表記は無料版で、有料だと月間検索ボリュームがリアルな数字で表記されます。

 

aramakijake.jp

 

キーワードを入れたら検索順位によって月間どれくらい見てもらえるかを予想してくれるツール。こちらももちろん無料です。

 

メガネくん
メガネくん
索数が多いのにライバルは少ない「お宝キーワード」もあったりするからそういったキーワードを見つけて良質な記事が書ければたくさんの読者に見てもらえるようになるよ

ココ
ココ
お宝キーワードか!夢があるね

 

良質な記事が書けても「キーワード選定」で失敗してしまうと誰にも見てもらえない記事になってしまいます。

 

検索ボリュームが大きすぎるキーワードは上位表示されずに誰にも見てもらえなかったり、月間に10人くらいしか見ていないキーワードを選ぶと上位表示されても多くて月に10人程度にしか見てもらえません。

 

自分が書いた記事を見てもらうためにも「キーワード選定」は非常に大事なんです。

 

プロブロガーさんも、実はここにかなり時間を使ってる方がたくさんいるのでそれほどキーワード選定は大事なんです。

 

お宝キーワードを探す

キーワードを「マンガ」にすると月間検索数は100万件以上です。
検索数は圧倒的ですがこれだとライバルが多すぎます。

 

ですが「マンガ おすすめ」「マンガ 無料」などキーワードを組み合わせる複合キーワードならライバルも減り検索上位になる可能性がぐんっと上がります。

 

さらに「マンガ 無料 おすすめ」など3つ以上の複合キーワードでも需要があるキーワードは多数存在しますので最初はライバルが少なく検索で見つかりやすいキーワードを選ぶことをおすすめします。

 

②「見だしタグ」とは?
ここにキーワードを入れよう

メガネくん
メガネくん
キーワードを選定したら「タイトル」と「見出し」に入れるのがSEO的に評価されやすいし検索で見つかりやすいんだ

ココ
ココ
タイトルはわかるけど「見出し」って?
メガネくん
メガネくん
見出しは段落のコトだね、上にある「もくじ」に表示されているのは全て見出しなんだ

 

見出しタグは記事内の段落

見出し1(h1タグ) 
見出し2(h2タグ) 
見出し3(h3タグ)
見出し4(h4タグ)
見出し5(h5タグ)
見出し6(h6タグ)

 

記事内容にあったサブタイトルとして「見出し2」から使っていきましょう。

 

その中でまた内容が展開する場合は「見出し3」を使用。

 

「見出し4」以降も同じ感覚で使用可能です。

 

必ず見出したタグは順番に使用しましょう。

 

見出し2の次に見出し4は使わない。

 

※タイトルが「見出し1」となっているので、基本的に本文中に「見出し1」を使用することはありません。

 

③「読み手の悩みを解決」とは?
ブログの本質は「価値の提供」

メガネくん
メガネくん
最後は記事を書くときに意識してほしい最大のコト「読み手の悩みを解決」だね

ココ
ココ
悩み解決?いまいちピンとこないな
メガネくん
メガネくん
過去の記事で、ブログの本質は「価値の提供」って説明したのは覚えてる?

ココ
ココ
言ってたね、「自分の経験が他の人には求めている情報かもしれない」って
メガネくん
メガネくん
そう、ネットで検索をする人は「情報が知りたい人」だよね。「読み手はこの記事にどんな情報があれば嬉しいか」を考えて記事を書くべきなんだ

 

例えばキーワードを「マンガ 無料 面白い」で記事を書く場合は

・おすすめのマンガはこれ
・なぜおすすめか

・マンガ内容を紹介
・このアプリで読めます(URL貼り付け)
・他にもおすすめなマンガやアプリはこれ

 

かなりざっくりですが、おすすめなモノを紹介して、なぜおすすめか理由を説明し、
その商品はどこで手に入るかルートを作ってあげる。

 

そしてこの商品が気に入った方なら他にもこんなアイテムがありますよとプラスαも。

 

 

ココ
ココ
なるほど、自分が書きたいコトだけじゃなくて読者がそのあとにしたくなるコトを想定して記事の中に無料アプリのURLなどを貼ってあげるコトが大事なのか
メガネくん
メガネくん
そう、例えばそのマンガを気に入って欲しくなってわざわざまた検索しなおしてその商品を買うのは読者第一とは言えないよね

 

まとめ:自分のためではなく
読者のために書けば評価は上がる

メガネくん
メガネくん
「キーワード選定」「見出しタグ」「読み手の悩みを解決」これらを意識してれば最初は十分だよ

ココ
ココ
自分の書きたいコトだけを書いていれば良いと思ってたよ
メガネくん
メガネくん
もちろん今回のコトが全てに当てはまるわけじゃないから例外もたくさんあるけどね

 

まとめ

①キーワード選定

②見出しタグ

③読み手の悩みを解決

 

SEO対策はブログ運営をする上で基本的に必須と説明しましたが、例えばネットからの検索流入ではなくツイッターやインスタグラムにブログURLや記事URLを貼る「SNS流入」をメインとするならSEOを意識せずに記事を書いても読んでもらうことはできます。

 

SEO対策なんてやってられない!なんて思う方でも自分にあったブログの運営方法はあるのでいろんな情報を吸収した上で自分なりのやり方を見つけましょう^^

 

今回の記事が少しでも役に立てば記事をシェアしてもらえれば嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

よければこちらもポチッと押して頂ければありがたいです^^

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



ABOUT ME
kkhonn
エンタメ情報や副業など有益な情報を発信中
RELATED POST