芸能

キングコングがデビュー時からお笑い界を駆け抜けた理由【コンビの戦略】

お笑いコンビ「キングコング」の2人が再注目されていますが、実はデビュー当時から策略家だったのはご存知ですか?

ココ
ココ
え、昔からなの?

本記事の内容

  • キングコングはなぜスピード出世できた?
  • キングコングデビュー時の戦略とは?
  • キングコング二人の現在は?

キングコングがデビュー時からお笑い界を駆け抜けられた理由

キングコングがデビュー時からお笑い界を駆け抜けられた理由

過去のキングコングのイメージ

  • 面白くない
  • 二人ともイタイ
  • 顔だけで売れた

キングコングといえば数年前まで世間から嫌われまくりでした。

世間から「面白くないお笑いコンビ」って一番言われてきた2人なんじゃないでしょうか。

今でこそ世間から評価されている西野さんですが、実はキングコング結成時から既に世の中の流れを見て作戦を考える「戦略家」だったんです。

キングコングデビュー当時の戦略とは?

キングコングデビュー当時の戦略とは?

キングコングデビュー当時の戦略

  • ①流行りの漫才はしない
  • ②深みのある漫才なんかできない
  • ③賞レースを最速で勝つ方法

キングコングデビュー当時の戦略
①流行りの漫才はしない

デビュー当時、芸人の9割以上がダウンタウンに憧れ「第2のダウンタウン」になるコトを夢見てダウンタウンのスタイルを真似していました。(ハキハキ喋らずにダルい感じでゆったりとしたテンポで喋る漫才)

キングコングデビュー当時の戦略 ①流行りの漫才はしない

ですが、キングコングはあえて時代に逆らった「超高速漫才」に挑戦して他のコンビとの差別化を見せました。

NSCの講師陣にも「そんな速い漫才はダメだ」と否定されていたそうですが、ネタ見せでウケたことで黙らせてしまったそうです。

キングコングデビュー当時の戦略
②深みのある漫才なんかできない

キングコングデビュー当時のネタ

  • 深みがない
  • 速いだけ
  • ボケのクオリティが低い

上記のようなことを講師陣や先輩たちにも散々言われてきたそうですが、「いや、そもそもちょっと前まで高校生だった2人が深みのあるネタを書けるわけがない」と割り切って考えていて、何を言われてもネタの内容ではなくスピードと数で勝負したそうです。

ちなみに西野さんは友人たちに「1年で結果が出なかったら芸人を辞める」と宣言しており全てがスピード出世の為の戦略だったコトもわかります。

キングコングデビュー当時の戦略
③賞レースを最速で勝つ方法

キングコングの受賞歴

  • 第30回NHK上方漫才コンテスト最優秀賞(2000)
  • 第22回ABCお笑い新人グランプリ最優秀新人賞(2001)
  • 第36回OBC上方漫才大賞新人賞(2001)
  • 第30回YTV上方お笑い大賞最優秀新人賞(2001)

キングコングは「賞レースで勝てる漫才」を選択していて、当時は「ダウンタウンのようなスタイル」の漫才が多かった中キングコングは唯一の異色スタイルといった形になります。

すると審査員は、10組が参加している賞レースだとしても「他と違ったこのスタイルは面白いか面白くないか」と考え選択が2分の1となります。

他のコンビは当然10分の1で選ばれますがキングコングは「イエスかノー」の選択にさせて確率をグンと上げて賞レースを獲得していきました。

ココ
ココ
もはや心理学だね

キングコングの現在は?「はねるのトびら」終了後はコンビでの活動が激減

大阪NSC22期生(吉本養成所)1999年コンビ結成
翌年2000年にNHK上方漫才コンテスト最優秀賞受賞(NSC在学中)
※結成わずか5ヶ月での快挙

今までに何万人とNSC生は存在しますが在学中に関西の賞レースを受賞したのはいまだにキングコングだけです。

2001年 M-1グランプリに芸歴2年目で決勝進出
※大会史上芸歴最短記録を今も更新中

キングコングの現在は?「はねるのトびら」終了後はコンビでの活動が激減

2001年に「はねるのトびら」が始まり一気にスター街道を走るも異例のスピード出世ぶりに世間のハードルが上がりすぎたが結果、忙しさとプレッシャーに耐えれず梶原さんが2003年に失踪します。

約3ヶ月の休養を経て復帰
「はねるのトびら」が全国区に進出

2012年「はねるのトびら」が終了してからは漫才以外のコンビ活動が激減。

世間的に西野さんの活動が目立つ中、梶原さんは関西で細々と活動しているイメージでしたが2018年に梶原さんが覚醒。

2018年10月からYoutuberカジサックとして活動

この活動をきっかけに西野さんだけでなく「キングコング」に再び注目が集まり始めました。

キングコング現在の活動は?
YouTuberカジサック誕生(梶原編)

キングコングの現在の活動は? YouTuberカジサック誕生(梶原編)キングコングの現在の活動は? YouTuberカジサック誕生(梶原編)

梶原雄太(カジサック)

  • 生年月日:1980/08/07
  • 出身地:大阪
  • 血液型:B型
  • 身長:163cm

本人が仰られているようにひな壇での梶原さんは全く輝きを魅せれてませんでした。

ひな壇では、ほぼツッコミとして立ち振る舞うことが多く更に共演者への気遣いからかイジられても否定や訂正するのみでいてもいなくても変わらないような状態が多かったように感じます。

梶原さんの良さって愛らしくもたまに憎たらしいボケやたまに出る天然な部分だと思うんですが、個人で戦場に出るとその良さが全く出せていないんです。

自分らしく活躍できるユーチューバーと言う職業は天職だと思います。

キングコング現在の活動は?
絵本作家の西野亮廣誕生まで(西野編)

キングコング現在の活動は? 絵本作家の西野亮廣誕生まで(西野編)

西野亮廣

  • 生年月日:1980/07/03
  • 出身地:兵庫
  • 血液型:O型
  • 身長:173cm

相方西野さんは芸人一幅広く活動していて、肩書きは漫才師ではなく絵本作家になりましたね。

芸人として舞台で漫才もしていますが実業家やクリエイターといった活動も多く、数々の作品を生み出してます。

キングコングのお笑いが見たいなら
YouTubeの「毎週キングコング」がおすすめ

キングコングのお笑いが見たいなら YouTubeの「毎週キングコング」がおすすめ
個人でも活動してますが、一番輝いて見えるのは2人が揃った時です。

テレビでは見れないコンビでの活動がYoutube【毎週キングコング】で見る事ができます。

まとめ:キングコングがお笑い界を駆け抜けれた理由「時代の流れを読む頭脳と表現する才能」

まとめ:キングコングがお笑い界を駆け抜けれた理由「時代の流れを読む頭脳と表現する才能」
時代の流れを読んで戦略をしっかり考えてあのスタイルで挑戦していたからこそスピード出世に繋がりました。

ただ、西野さんの作戦は相方が梶原さんだからこそ実現できました。

一時期はコンビでの活動が皆無(舞台で漫才のみ)でしたが、近々コンビとして何か革命を起こしてくれるんじゃないでしょうか。

ABOUT ME
ココ
■職業:似顔絵師 / イラストレーター ■趣味/特技:登山、読書、イラスト、早起き
RELATED POST