似顔絵

【SNS集客】ジャンルを絞ったら似顔絵の依頼が増えました

メガネくん
メガネくん
SNSで似顔絵を販売してるけど依頼が来ないよ、、

ココ
ココ
ボクも活動開始から2年間はほぼ依頼なかったよ

こんにちは、ココです。

本記事では、依頼が来なくて悩んでる似顔絵師に向けて解説していきます。

ボクも最初は依頼がなくて悩んでましたが、マーケティングや心理学などノウハウを学んでから徐々に集客できるようになりました。

2018年には似顔絵のご依頼を月間で約70件頂くコトができました。

セールスノウハウを正しくアウトプットできるようになれば、自分の商品をセールスするコトは可能です。

過去のボクと同様、依頼がなかったりフォロワーが増えなくて悩んでる方は一緒に学んでいきましょう。

今回は「ジャンルを絞る重要性」に関して解説していきます。

 

ジャンルを絞るべき理由

☑️ジャンルを絞るメリット

・コアなファンが増える
・認知度を上げやすい
・ライバルを大幅に減らせる

ジャンルを絞ると需要が狭くなってしまうんじゃないかと思ってしまいがちです。

ですがジャンルを絞るコトで、そのターゲットの方には興味を持ってもらえる確率が圧倒的に高くなるんです。

例えばボクが「格闘家専門の似顔絵師」として活動して下記のようなイラストだけを量産していたとします。

こういったイラストだけを描いて量産していれば、下記の方々が見てくれるようになります。

・格闘技ファン
・筋肉が好きな方
・身体を鍛えてる方

ジャンルを絞るコトで、「コアなファン」を集めるコトができます。

ジャンルを絞らずに色んな絵を描いてる場合、格闘技が好きな方は上記のイラストを見て「いいね」を押してくれるかもしれませんが、フォローしてくれる確率は少ないです。

ですが、ジャンルを絞って「格闘家のイラストを描いてます」と謳うコトで強く興味を持ってもらいフォローしてくれる確率も大幅に上がります。

 

ライバルを減らせる

大きなメリットの一つとしてライバルを減らすコトができます。

ジャンルを絞らずに活動すると「似顔絵を描いてる方全員がライバル」というとんでもない競合の中を戦わないといけません。

なので、ジャンルを選ぶコトで「戦う土俵」を徹底的に絞ります。

ジャンルを「格闘家」と絞れば、あなたのライバルは「格闘家専門イラストレーター」「筋肉を描くのがうまい絵描き」など大幅に減らすコトができます。

ジャンルを絞らずに真っ向から挑んでしまうと、なかなか依頼に繋がらず自信を失って活動をやめてしまう確率が高くなってしまいます。

 

ココのジャンル選定例

ココ
ココ
ボクが最初に決めたターゲット層と理由を紹介するね

ボクはまず「コーディネートを発信してる方」をターゲットにしてましたが、ファッションにもたくさん系統がありますよね。

たくさんある系統の中から、まずは「ストリート系ファッション」をターゲットにしました。

 

 

 

☑️ストリート系ファッションに絞った理由

1、 顔出ししてない方が多い
2、 スニーカーへのこだわりが強い
3、 同属性のコミュニティ力が強い

1、 顔出ししてない方が多い

似顔絵を依頼する際に絶対に必要なのが「自分の顔写真」です。

「知らない人に自分の顔写真を送るのって恥ずかしい」と感じる方って多いんです。

そこを突破したいと考えた時に、「顔写真」ではなく「自慢のコーディネート写真」なら送りやすいだろうなと思いました。

なので「似顔絵」ではなく「ファッションイラスト」で宣伝を始めてみたんです。

 

2、 スニーカーへのこだわりが強い

「ファッション」だけじゃなく「スニーカー」をメインで発信してるアカウントも非常に多く、スニーカー愛が強い方がかなり多いです。

スニーカーをカッコよく描けば確実に「いいね」や「コメント」をくれる方が増えてくると確信したのでそこも狙い目と感じました。

 

3、 同属性のコミュニティ力が強い

他のアカウントがスニーカーの写真を投稿すればみんなが積極的にスニーカーに対してコメントしあってました。

スニーカー愛の強さがコミュニティ力を高めるんです。

このコミュニティの強さを利用すれば相当な拡散力が期待できそうだと確信しました。

 

まずは認知度を上げる

最初は依頼をもらうことよりも、そのジャンルの方々に知ってもらう必要があります。

Instagramなどではそのジャンル特有のハッシュタグが必ず存在するので、そういったタグを複数活用することでそのジャンルの方々に見てもらう機会を増やしていってください。

ハッシュタグなどをつけてイラストを投稿した上で、こちらからもハッシュタグ検索でアカウントにいいね、コメント、フォローしていくとより効果的です。

メガネくん
メガネくん
まずはジャンルの選定からだね

ココ
ココ
うん、ターゲットを絞ってそのジャンルで認知度を上げてみてね

ジャンル関係なく色んな人に知ってもらうコトも非常に重要なんですが、「依頼を増やす」という点で考えれば「コアなファン」を増やすコトに注力すべきです。

まずは「浅く広く」よりも「狭く深く」を意識してみてください。

 

まとめ:ジャンルを絞ってコアなファンを増やす

☑️ジャンルを絞る理由

・認知度を上げやすい
・コアなファンが増えやすい
・ライバルを減らせる

ボクが活動当初、あまり依頼がもらえていなかったのもジャンルを決めていなかったので「刺さる層に届けれてなかったコト」が原因です。

なので「コアなファン」が作れていなかったため依頼がない状態でした。

繰り返しになりますが、まずは「浅く広く」よりも「狭く深く」を意識してみてください。

メガネくん
メガネくん
今までは描きたい絵を描いてるだけだったよ

ココ
ココ
ボクもそうだったから情報を仕入れるコトは本当に大事だよ

ABOUT ME
ココ
1人で黙々と作業するのが大好きで「個人で稼ぐスキル」を習得中 / 作業内容→イラスト、アイコン作成、ブログ、YouTube、コンテンツ販売 / クリエイターが個人で稼ぐためのスキルも発信中 / SNSアイコン作成 月間最高オーダー数70件