イラスト

30代からイラストレーターを目指す?美大や専門出てなくても大丈夫?

副業を始める方やフリーランスを目指す方がどんどん増えてますよね。

 

今回は「30代からでもイラストレーターになれるのか?」というテーマに関して考えてみました。

 

・イラストレーターの夢を諦めきれない

・好きなことを仕事にしたい

・時代に合った仕事の見つけ方が知りたい

 

こんな方に向けて書いてみました。

 

ぜひ参考にしてもらえればありがたいです。

 

30代からイラストレーターを目指す「必須条件はあるの?

 

イラストレーターになるために必須条件はあるのか。

 

また、美大や専門に通っていなくてもプロのイラストレーターになれるのか。

 

まずは、イラストレーターという職業に関して知りましょう。

 

イラストレーターってどんな職業?

 

イラストレーターは絵を描くのが好きだったり得意な方が目標とする職業ですが、実はイラストがうまいだけでは成立しません

 

企業や一般など様々な方から依頼された際に、依頼の趣旨に適したイラストが描けるかどうかが非常に重要です。

 

技術だけじゃなく、相手の思考を汲み取ったりコミュニケーション力や理解力なども必要とされる職業なんです。

 

美大や専門出てなくても大丈夫?

 

もちろん、学校で専門的に学んだ方が近道にはなりますがイラストレーターになるのに資格などは必要ないので、美大や専門に通ってなくてもイラストレーターにはなれます。

 

なので、専門的に勉強していないからといって諦める必要はないんです。

 

Photoshopなどデジタル環境は必須

 

現在はデジタルでのイラストの方が圧倒的に需要が多いので「Illustrator」「Photoshop」などAdobeソフトが使えればかなり有利になります。

 

iPadなどを使って無料アプリでイラストを描いてるプロのイラストレーターなどもいますので、必ずしも有料のソフトを使用する必要はありませんが、デジタルの知識は必須です。

 

30代からイラストレーターを目指す「時代に合った仕事の見つけ方

時代に合った方法で仕事を見つける

 

いまはネットで仕事を見つけるのが当たり前の時代です。

 

一番オーソドックスなのはSNSで作品を公開してファンを作り、依頼に繋げる方法。

 

SNS同様ブログも開設して活用すればさらにファンを増やせますが、デメリットとしては「イラストを描く時間が減ってしまう」ので本末転倒にならないよう気をつけましょう。

 

また、ネットで仕事を見つける一番の方法としては「クラウドソーシング」を利用することだと思います。

 

「クラウドソーシング」とは

ネット上で依頼主(クライアント)が仕事や報酬を提示して、その条件を見たクリエイターが応募し、マッチングすれば報酬がもらえるシステム

 

在宅で仕事がしたい方などはほとんどの方がクラウドソーシングを利用してると思うので、もし知らなかったという方はぜひ登録してください。

 

おすすめのクラウドソーシング

 

■CrowdWorks(クラウドワークス)

日本最大級のクラウドソーシング「CrowdWorks」

仕事のカテゴリーは200種類以上で、お仕事依頼は300万件近くです。

会員登録などはもちろん無料で、ポートフォリオなど登録して自身のイラストを見てもらうことできるのでイラストレーターを目指してる方は絶対に登録すべきサイトです。

 

■Lancers(ランサーズ)

こちらも日本最大級のクラウドソーシング「Lancers」

イラストやデザイン関連だけでなく豊富な種類の副業や案件依頼があります。

こちらも会員登録などはもちろん無料ですのでまずは登録しておくことをおすすめします。

 

自分の専門分野を見つける

 

「画力や絵の個性に自信がない方」は少し戦い方などを変えてみることをおすすめします。

 

戦略の1つとして、まずは「専門分野」見つけましょう。

 

「人物イラスト」
「背景イラスト」
「似顔絵」
「模写」
「ゆる絵」

など、自分の「専門分野」が決まれば更にジャンルを選択していきます。

 

例えば、「人物イラスト」が得意でその他にも「ファッション」が好きな方はそれを組み合わせて考えてみましょう。

 

【イラスト×服】
=コーデの組み合わせやトレンドアイテムを使用したファッションなどが描ける

■ファッション系イラストレーター

→ファッション好きのユーザーからアイコンイラストの依頼やファッション雑誌から挿絵イラストの依頼などに繋がる

みたいに、趣味を組み合わせるコトで描くべきイラストを明確にするコトができます。

 

他にも、

【イラスト×食べ物】
=ラーメンやパスタ、肉などが描ける

■フード系イラストレーター

→カフェや飲食店などから実店舗のメニューやブログ用の挿絵イラスト依頼に繋がる

 

【イラスト×映画】
=映画の魅力を文章だけでなくイラストでわかりやすく伝えれる

■映画評論系イラストレーター

→映画雑誌の挿絵イラストや映画ブロガーさんからのブログ用挿絵イラスト依頼に繋がる

 

ニッチな分野を極めて〇〇系イラストレーター」になれば、競合ライバルもグッと減らせますしやるべきコトも明確になってきます。

 

【イラスト×○○】の組み合わせが、イラストとかけ離れていれば離れるほどライバルが少なくなります。(その分、需要が少ないというデメリットも)

 

その分野でのプロフェッショナルになればその業界の雑誌の挿絵イラストや企業案件など継続的に依頼も飛び込んできます。

 

「〇〇系イラストレーター」を目指しましょう。

 

人脈を活かす

 

30代だからこそ活かせるのが、人脈だと思います。

 

学生時代の友人や転職前に一緒に働いていた同僚や先輩などに、「イラストレーターをやっている」ということを知ってもらえればそこから必ず何かしらの仕事につながります。

 

ちなみにボクは似顔絵などを描くことが多いので、友人が結婚する時「結婚式のウェルカムボード」などは結構な確率で依頼してもらえます。

 

あとは、グッズなど作って宣伝すると知り合いなどが購入してくれたりします。

 

こういった人脈を幅広く使えるのは、学生や若い方よりも人生経験豊富な30代のほうが活用できると思いますのでこういった戦略から販売の仕方を考えていくのもアリだと思います。

 

まとめ:「30代からイラストレーターを目指す」戦略を練れば未経験でもイラストレーターになれる

30代からでも戦略を練ればイラストレーターになれます。

 

得意な分野を探してジャンルを限定(ライバルが減る)し、その分野に特化したプロフェッショナルな存在になる

 

「時代に合った戦い方」をすれば必ず抜け道はあります。

 

イラストの技術はもちろん大切ですが、技術に自信がなくても特化した分野の穴を見つけてライバルの少ないジャンルで戦えば十分可能性はあります。

 

30代だろうが年齢は関係ありませんので、しっかり戦略を練ってやりたいことで生きていきましょう。

 


人気ブログランキング

 

今回の記事を読んで少しでも楽しんで頂けたならこちらのボタンをポチッと押してもらえたら嬉しいです^^

読者さんに押してもらうだけでランキング順位が上下しますのでご協力よろしくお願いいたします!

ABOUT ME
ココ
■職業:似顔絵師 / イラストレーター ■趣味/特技:登山、読書、イラスト、早起き